雨季(梅雨・台風等)における農地・農業施設の対策は大丈夫ですか

近年、全国的に集中豪雨・干ばつ等異常気象による災害が各地で発生しております。
本年も集中豪雨等による被害を未然に防止するために、下記の諸点にご留意のうえ、
万全の措置を講じていただきますよう、よろしくお願いいたします。

農業施設を管理される皆さんにお願い

1.農地・農業施設等の災害防止又は被害を軽減するために、常に気象状況に注意を払い、見回り・点検を行ってください。

2.揚水機施設の管理及び点検について
ア.増水が予想されるところは、事前に電動機(モーター等)の避難を行ってください。
イ.機場内排水バルブが設置されているところは、河川増水による排水バルブからの流入(逆流)を防ぐ為、排水バルブを閉めてください。
ウ.水路等が越流する恐れのある堰止め(水門等)については、早めに堰板等を外すようにしてください。

3.ため池の管理及び点検について
ア.流木や浮遊物は余水吐の閉塞の原因となり、堤防の決壊につながる恐れがあるため、その除去に努めてください。
イ.貯水量の増加を図るために余水吐に、土のう等を積むことは厳に避けてください。
ウ.過去に他府県において、底樋に隣接する部位の損壊による災害が発生したことを踏まえ、特に底樋周辺の漏水状況を早期に把握できるよう日常の維持管理を十分行ってください。
エ.注意看板やフェンス等の破損はないか点検してください。

4.道路等に越流物が発生する恐れのある堰止めについては、早めに堰板等を外すようにしてください。

危険防止の為に

1.台風時期、突然に雨や風が強くなることが有りますので、池や用水路には近づかないようにしてください。

2.日頃からため池・用水路等付近で遊んでいる子供を見かけたら遊ばないよう声をかけてください。